2017年07月03日

「コープこうべ」の電気に変えませんか

いつも親しくしていただいているTさんから拡散希望できています。
うちはもう大阪ガスの電気ですが、まだの方「コープこうべ」の電気に変えませんか

「コープこうべ」事業エリアにお住まいの皆さん、

私たちは、関電包囲、デモ、集会、株主総会、講演会、学習会、上映会、裁判、様々に闘ってきましたが、
関電は原発依存を改めません。残るは、関電の商品ボイコットです。

昨年4月までは、逆立ちしても関電の商品である「関電でんき」を買わざるを得ませんでした。
関電はその電力独占にあぐらをかき、どんなに反対があっても無視し、私たちの電気代で原発発電を
推進してきました。でも、今は違います。「関電でんき」以外にいろいろな新電力と契約することが
できます。

関電は、節電や電力自由化で電力販売量を減らしてきました。販売量では全国第3位に転落しています。
2017年5月末、関電から新電力への切り替え件数は約83万6000件に達していますが、
東電の205万7000件と比べれば、まだまだ脱関電している人は少なく、関電は「ホッ」としています。

原発反対の世論調査では、多いときで8割、少なくても6割の人が脱原発でした。単純に考えて、
全国で約6253万件の契約者のその半分でも新電力に切り替われば原発推進電力会社の経営は傾きます。
しかし、期待に反して新電力への切り替えは進まず、5月末で395万4900件、全体の6.3%でした。
新電力切り換えアンケートでも約4割の人は切り替えにメリットがないとして旧電力に残留すると表明。

このような状況下、2017年4月から、組合員約168万8000人の「コープこうべ」が
電力共同購入に参入しました。事業エリアは、兵庫県、京都府、大阪府北部にまたがっています。
わずか3ヶ月間で1万5000世帯が関電から離脱し、「コープでんき」に切り換えています。
このエリアで「脱関電」の勢いを続けなければなりません。

関電のスイッチング件数が100万、200万件と増えていけば、関電の経営に大きな打撃を
与えることができます。原発依存経営を続ければ会社が成り立たなくなるというとこへ
追い詰めなければ、関電が原発依存経営を改めることはないと思います。

脱原発は電気代が高い安いの問題だけではなく、原発の電気は嫌だということが大事ですが、
我が家のように年平均50kWh程度の低消費の家庭でも「コープでんき」は関電よりは年間で
少しはお安くなります。大阪ガスの電気だと低消費家庭は年間でとても高くなりますから、
今「関電でんき」を使っている方に、私は新電力入門として「コープでんき」を推薦しています。

posted by maesimaのばあちゃん at 08:54| Comment(0) | 原発ゼロ上牧行動

2017年07月01日

原発ゼロ上牧 2017、7月の予定

7月25日(火)
原発ゼロ上牧行動
阪急京都線 上牧駅前広場
午後6時30分〜8時
雨天中止
アピール、ビラまき、ポスティング、ストリートオルガ
少しの時間でも歓迎です

脱原発高槻アクション
7月23日(日)
午後4時〜5時
アピール、ビラまき、ストリートオルガ
少しの時間でも歓迎です。

7月11日(火)
5時30分〜6時30分
関電前1人アピール
(ばあちゃんが上牧行動に月2回は無理のようですから、1人で関電本店前でやります。雨天中止)


7月2日(日)
「エネルギー基本計画の抜本的転換を」討論集会
13;30〜16;30
豊中市立環境交流センター

7月8日(土)
「日本再生」上映会
14;00
藤井寺市立市民交流センター

今のところ決まっているのはこれだけです。
posted by maesimaのばあちゃん at 08:58| Comment(0) | 原発ゼロ上牧行動

2017年06月29日

関電株主総会6月28日

株主総会に大阪市の吉村市長も弁護士の河合さんも出席されませんでした。

インターネットで探しても原因はわかりません。

やっぱり私たちは私たちの立場で脱原発の運動を続けていかなあかん、

吉村市長の発言も河合弁護士の発言もよかっただけに残念です。
真相はそのうちにわかると思いますが、何があったのでしょうかね。

京都市と神戸市の発言は例年通りありました。
こうなると京都市もなかなか良い事を言っています。
posted by maesimaのばあちゃん at 07:47| Comment(0) | 原発ゼロ上牧行動