2012年12月27日

クリーンセンター線量調査

クリーンセンターの線量調査に行ってきました。
今回はRADEX1008も参加します。
γ線及びβ線の測定値を独立表示できるうちの1503より上級機です。
といっても使っている人がそんなによくわかっていないので、猫に小判かも。

「市としては焼却場の放射線量は測らないが、市民が測るのはかまいません」ということを聞きつけて、「それならクリーンセンターのある地区の住民が測らねば」と思ってはかり出しました。
こんなことをしていて何の役に立つのか・・忙しい時期には思わないわけではありません。

そんなときたんぽぽ舎のメール(?)で知った、泊原発地元で34年間ただひたすら、水温を測りつづけ岩内町の斎藤武一さんのことを思います。タンポポ舎記事より
海の向こうに泊原発を望む岩内港。斉藤さんは波止場からロープでバケツをつるし、慣れた手つきで海水をくみ上げ、温度計を確認した。「年間の平均水温は、自然変動を差し引いても、30年で0.3度上がった」岩内港を代表する海産物、スケトウダラの漁獲量は今や最盛期の一割以下に。漁業の衰退で、町の人口も一万四千人余りとピーク時の六割ほどに減った。「原発の排水が漁場の生態系に悪影響を与えた。岩内を壊した」
と言い切る。

こんな記事です。

自分のしていることは何に結びつくのかわからないけれど、高槻市民が放射能汚染された物を消費するようになっていけば、それは焼却場の放射線量に出てくるのではないかと思っています。
そんなことにならなのが番で、現在のところ全くその気配はありません
そして毎月住民が放射線量を測りに行って、それを気持ちよく受け入れてくれる、クリーンセンターとの関係も大切にしていきたいと思います。

ガレキ焼却を巡って逮捕者まで出している、大阪市と市民のような関係にはしたくありません。といっても大阪市の場合は市長がなみはずれ、住民が悪いわけではありません。こんな市長では市民との対話は無理というものです。
いちゃんは、大飯でご一緒させていただき、その後も親しくさせていただいていた、うしさんの勾留理由開示公判に行ってきました。

うしさんそして高槻クリーンセンターでガレキ焼却の話しがでたときに、住民説明会に来て下さった阪南大学の下地先生や、大阪市のガレキ焼却をめぐって逮捕された4人全員の釈放を願います。

クリーンセンター線量調査

もうやだ〜(悲しい顔)やっぱ表を貼れない
でも外より灰出し場の方が放射線量が低いです。
センターの職員さんも「外の影響をうけないからな」とおしゃっていました。
posted by maesimaのばあちゃん at 23:40| Comment(0) | 汚染ガレキ

2012年11月29日

薪割り

大きな切り株です。
この薪はミツバチ師匠が高槻の山から切り出してくれたものです。
地産地消の燃料は気持ちのよいものです。

蒔きストーブは安いものではありませが、それでも薪が簡単に手に入る所では、とってもいい暖房です。暖かさが違います。そして燃料費無料・・タダ
わーい(嬉しい顔)

いくら薪が手近にあっても、放射能で汚染されている薪では、ストーブは使えません。
もうやだ〜(悲しい顔)

でも林野庁は、薪はまぜればOKらしいです。
林野庁HPより
【Q7:指標値を超えた薪及び木炭と指標値を超えていない薪及び木炭とを結束や梱包して組み合わせて流通させてもいいですか。

A7 結束や梱包して組み合わせた薪及び木炭の放射性セシウムの濃度が指標値以下となる場合は、自都道府県内に限り流通させてもかまいません。

あーあ・・なんたるお役所仕事

そして明日は大阪市のガレキ焼却・・

もうちょっと、何とかならないものかしら。
薄めて拡散・・やめてくれ

ひらめき今日の放射線量 0.11

DSCF5904.JPG
posted by maesimaのばあちゃん at 19:22| Comment(0) | 汚染ガレキ

2012年10月17日

ちょっとまって!橋下さん

じいちゃんは午前中、雨のなか草刈り、午後は「ちょっとまって橋下さん!大阪市内大抗議」に出かけました
16日からはじまった大阪市議会へ、ガレキ焼却にストップをかけてもらう行動です。

ちょっと心配でしたので、インターネットを検索していたらじいちゃんの元気な写真が出てきました。

インターネット・便利というか、不思議というか、よくわからない世界ですが、じいちゃんが元気に参加しているのを確認して安心しました

市役所A5ZIBgQCUAAvXpl.jpg
posted by maesimaのばあちゃん at 19:15| Comment(0) | 汚染ガレキ