2012年01月19日

道路に捨てられていたTVの続き

昨年12月21日のブログで不法投棄されていたTVをめぐって、じいちゃんが環境事業課のYKさんとやりあったことを書きました。その続きです。不法投棄されたゴミは誰が処理するかが問題です。環境事業課のYKさんは投棄されている場所や何やかやを聞いたあげく「警察に電話してください。」これに怒ったじいちゃんが「今までの経過から清掃事業課が収集に来ることになっているexclamation」・・結果とりあえず環境事業課が収集にくることになったのですが、おさまらないのはじいちゃん。昨日ゆうさんにもご一緒していただいて環境政策課へ行ってきました。環境政策の課長(?)二人が対応。今までの経過で「不法投棄は直接環境事業課に連絡して取りにきてもらう」これは変わっていないことを確認しました。こんどはゆうさんもいっしょですのでさらに安心です。それにしても高槻市の現場てひどいですね。確認されているものでも何とかしてサボろうとするのですから。じいちゃんはこれまで自分がかかわった高槻市との対応で三大いいことの一つが、不法投棄はすぐに環境事業課が収集に来るということだったのに、うっかりするとすぐに誤魔化されてしまいます。三大いいことのあと二つはなんでしょう?またじいちゃんに聞いておきます。
posted by maesimaのばあちゃん at 17:56| Comment(0) | とんでもないこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。