2018年05月10日

5月9日 関電大飯4号機再稼動

5月9日関電は私たちの願いをそっちのけに、4号機を再稼動しました。
これでまた危険が増えました。わかっていますか関電さん。

昨日は30人もの人が、入れ替わり立ち替わりやってきて、関電に抗議しました。
私も最終日ですので行きました。

5時頃に天満警察の方が火炎瓶らしきものを見たという通報があったからということで、5〜6人やってこられました。
これにはじいちゃんもびっくり、とにかく周りを見てもらっても火炎瓶はないのでそのまま帰られました。

私たちはちょうど再稼動の時間ですので、コールで夢中です。
後で聞いてびっくりしました。
posted by maesimaのばあちゃん at 12:34| Comment(2) | 原発ゼロ上牧行動
この記事へのコメント
3日間おつかれさまでした。
福井新聞によると
「福井市の県庁前では、再稼働に反対する県民ら約30人が抗議行動」「大飯原発ゲート前は100人」とのこと。

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/327968
【福井新聞】2018年5月10日 午前7時00分

それから、
前大阪府高槻市議の二木洋子さん(68)は「事故が起きれば、琵琶湖の水が汚染されるかもしれない。福島の現状を見ると、とにかく動かさないで」と訴えた。

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20180510/CK2018051002000038.html
【中日新聞・福井】2018年5月10日


さて、「3Hの原則」ってのを関電は知らないのでしょうか。
経験的に事故の起きるのは「はじめて、変更、ひさしぶり」なんです。

あの加古川在住の27歳の関電社員は、麻生(早く辞めろ!)が「セクハラは人殺しでないから」というのを真に受けたんでしょうが、この「3Hの原則」はエッチな関電社員が3人という意味ではありません。ちゃんと品質管理の用語ですので。



Posted by ちたりた at 2018年05月10日 14:12
中日新聞福井版によりますと
5/10の夜大飯4号機の警報が鳴り響いたそうです。
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20180512/CK2018051202000029.html

関電プレスリリースによりますと

http://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2018/0510_3j.html

トリップパーシャル作動(原子炉系)の警報とのこと。
なんのこっちゃかわかりませんが「お水が足りなくなったらしい」というそら恐ろしい警報(泣)

誤報と言いますがそんな警報が鳴るようなシステムを誰が信用しますかいな!

女の子の下着が気になってしかたない作業員が他に居るんだろうか、いや、世間から原発再稼動することで関電というだけで白い目で見られていることによる「社員のモチベーションの低下」以外の何者でもない!(キッパリ)
Posted by ちたりた at 2018年05月12日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。