2016年10月31日

もらった枝で、ブラックベリーの支柱

ミツバチ師匠からもらったケヤキの枝でブラックベリーの支柱を立てました。

園芸用に売られている緑の支柱よりずっと味があります。

木は細いのは細いもの、太いのは太いもので使い道があります。
そして最後は朽ちても、畑で肥料になります。

ミツバチ師匠は、木が大好きですから、細い枝から、太い幹まで行き先を心配しています。

ゴミとして燃やすは耐えられないことです。
ミツバチ師匠にこの支柱を見せなくては。

IMG_2539.JPG
posted by maesimaのばあちゃん at 14:53| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
まるでオブジェ! すてきな支柱です。

生まれ変わったら、ばあちゃんちの庭の、土の中の微生物になりたいと感じるようなお庭です。
Posted by 隣町の、そのまた隣の住人 at 2016年11月02日 22:16
ありがとうございます。自然の物は何を使っても面白いです。工業製品も使い捨てしないでリメイクとか本来の使い方でない転用をすると面白いですが、やっぱり自然は素晴らしい。
Posted by ブログ主 at 2016年11月03日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。