2016年05月30日

バラ花壇のカタバミ退治

第2回 関電八木社長 原発やめてくださいパレードは→コチラ

カタバミは根でも増えるし、種でも増えます。
花壇に少しでも入り込まれると、根絶やしにすることは難しいです。
それでも頑張って、根っこから降り起こして抜いています。
うかうかしていると花が咲いて、種を飛ばします。

じいちゃんはカタバミの葉がヤマトシジミの食草になっているので、カタバミが生えてくるのを多めに見ています。
こんなことをする人がいるから、花壇が乱れてきます。

バラ花壇ではカタバミ撲滅!!

カタバミはどこでも生えてくるので、ヤマトシジミの幼虫は困りません。
ヤマトシジミはどこにでもいる蝶で、珍しい蝶ではありません。
よってカタバミは見つけ次第、根っこから取り除きます。
今日は雨の後で、曇空。
あまり暑くありません。
草抜き日和です。

わかりますか?赤いクローバーの葉っぱのような草がびっしり。
これがカタバミです。

IMG_1840.JPG

徹底的に抜きました。
まだたくさんあります。明日もカタバミ退治です。

IMG_1842.JPG
posted by maesimaのばあちゃん at 16:35| Comment(2) | 花ボラ
この記事へのコメント
そのどこにでもいるヤマトシジミですが、福島で育ったり福島の植物を食べたりすると異常をきたすので有名ですよね。琉球大の先生の研究で有名にならなければ私もヤマトシジミの名前を知らないままでした。
Posted by ちたりた at 2016年05月30日 21:36
どこにでもいる生物はこんな時に役に立つのですね。驚きです。
Posted by ブログ主 at 2016年05月31日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。