2017年01月13日

ミュージックロールの穴

うちのストリートオルガンのミュージックロールで一つだけどうも具合の悪いのがありました。
メモリー(ミュージカル・キャッツから)のロールですが、聞いていてどうも気持ち悪い。
こんな編曲??と思いながら、気持ちが悪いのでそのままにしていました。
2年ほどそのままにしていたのですが、もったいないのでよく調べてみるとロールの穴がほんのすこしずれていました。
本当にほんのすこしです。
それでもメロディーがうまくでなかったようです。

今日ミュージック・キーボックスさんが見に来て、持ち帰り調整してくださることになりました。

ほんのすこしのズレで音が出ません。
執念深く原因を探して、良かったーわーい(嬉しい顔)

調整が済めばメモリーを皆さんにお聞かせします。
どうぞお楽しみに
大雑把に作ってあるようで、繊細なのがストリートオルガンです。

白い紙にポチッと空いている穴がずれていました。

ちょっとおまけにどんっ(衝撃)
オルガン療法とかオルゴール療法と称して法外な値段でオルゴールとか、ストリートオルガンを売っている業者さんがあるそうです。
どうぞお気をつけになってください。
ストリートオルガンが心を安らかにできるかどうか?
お確かめになりたい方はどうぞご連絡ください。
うちのオルガンを回して確かめてみてください。

IMG_2851.JPG
posted by maesimaのばあちゃん at 22:25| Comment(0) | 日記