2016年10月27日

銀木犀の花

金木犀が終わったら次は銀木犀です。
金木犀の香りは遠くからもわかる強い香り。
トイレの芳香剤と間違われるくらいです。

銀木犀の香りは弱く、近くに行かないとわかりません。
でも繊細な香りは、とても上品です。

銀木犀は、ばあちゃんちにあるの?
いいえありません。

うちに2本も金木犀があるのですが、そのうち1本が銀木犀だったらいいのにと思うのですが、残念ながらそれは無理。
銀木犀はアドプトの道路の法面にあります。

それでも自分の木のように思って自慢できるのは、いつもボランティアでお世話しているからです。

銀木犀は、当時植木屋さんで働いていたT君が、働いていた植木屋さんからもらってきてくれたものです。
それから15年は経つでしょうか。
3本もらってきてくれたのですが、一番立派な銀木犀が3年前に盗まれたのが、返す返す残念です。

このことは、もう何回ブログでボヤいたことか。
銀木犀の花の季節、銀木犀の香りとともに思い出す悔しい思い出。

IMG_2497.JPG
posted by maesimaのばあちゃん at 20:35| Comment(0) | 花鳥風月