2016年10月10日

アシナガバチの最後

アシナガバチがハランの葉っぱの間でだんごになっています。
このハチさんたち、一生が終わって最後の時を過ごしています。

アシナガバチの一生は1年です。
年を越すのは今年生まれた女王蜂だけです。
彼女は一人で薪の間で過ごします。
春になると一人で巣を作り、働き蜂を産んで育てます。
働き蜂がたくさん生まれたら、巣をどんどん大きくして秋に女王蜂と雄蜂を産んで、そして一生はおしましです。
・・ハチ友銀河さんの受け売りです。

だからこのハチたちは、ハランの葉っぱの間で最後の時を過ごしているわけです。
この畑の毛虫やカメムシイモムシを、随分食べてくれたアシナガバチです。
静かに最期を過ごさせてあげるために、ハランの周りの片付けはやめておきます。

写真がうまく取れていないもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_2440.JPG

posted by maesimaのばあちゃん at 20:16| Comment(1) | 花鳥風月