2016年01月21日

高浜原発再稼働反対行動、現地も大事、本店も重要。

私はある会議で「大飯原発を止めるには、大飯の町に1万人集まり、大飯原発に通じる青戸の大橋を封鎖すればいい」と言いました。
会議に出ておられた中島哲演さんが、「若狭現地は精一杯やっている。そう言うなら、消費地の関西で関電本店を2万人で包囲して欲しい」とおっしゃいました。

その言葉で私は原発再稼働に果たす本店の役割について考えるようになりました。
それ以来3月11日は関電本店で、午前8時から午後8時まで抗議スタンディングをしています。

高浜3、4号機の再稼働反対の行動は1月24日高浜現地で全国集会があります。
関電本店には、福井県民会議が高浜原発の制御棒を抜くと予定されている前日の1月27日に「関西電力包囲全国抗議行動」を呼びかけています。

現地も大事、本店も重要です。
私は24日の現地集会参加の後は、25日(月)から29日(金)まで関電本店の連日抗議スタンディングをやります。
今回の高浜原発再稼働反対のアクションとして、若狭、福井から関電本店に押し寄せてくるのは画期的な行動です。

現地も大事、本店も重要。
現地へ行ける人は現地へ、本店にこれる人は本店に。

上牧行動は関電本店連日抗議スタンディングを呼びかけます。
コール、アピール、関電ぐるぐる散歩、楽しく抗議行動をしましょう。
メッセージボード、楽器などの鳴り物歓迎です。

関電本店連日抗議スタンディング
1月25日(月)〜29日(金) 午前9時〜午後6時
都合の良い日、時間、短時間の参加も歓迎です。

じいちゃん

posted by maesimaのばあちゃん at 17:33| Comment(2) | 原発ゼロ上牧行動