2015年11月16日

泥バチの巣

倉庫の壁に張り付いている、泥で作られた何かの巣。
調べて見ると、泥バチ(狩人蜂)の巣らしいです。

狩人蜂の成虫は、幼虫の餌となる獲物などを巣に溜め込んでから産卵し、その後、巣の入り口を閉じてそれでおしまいです。
穴が空いているので、幼虫は餌の虫を食べて大きくなって、巣に穴を開けて出て行ったようです。

綺麗な楕円形、左右対称に開いた穴、これを小さな蜂が作っています。
動物の世界とは違う不思議な昆虫の世界です。

ミツバチはいなくなりましたが、泥バチ、アシナガバチ、マルハナバチ・・まだまだ蜂はいます。
畑の大事なパートナー、大事にしなくては。

IMG_0945.JPG
posted by maesimaのばあちゃん at 16:03| Comment(0) | 花鳥風月